大崎下島など6島によって構成され、市の中心部とは直線で約30kmの距離にあります。瀬戸内海国立公園にも指定されるなど多島美が美しい地域で、歴史の見える丘公園からは美しいまちなみを始め、周辺の島々や本土、四国までを一望することができます。江戸時代中期から明治初期にかけて、瀬戸内海の沖乗り航路の潮待ち・風待ちの港町として栄えた御手洗地区は、歴史的な町並みや「若胡子屋跡」「七卿落遺跡」などを始めとする歴史的・文化的に貴重な史跡を有していることから、平成6年に文化財保護法による「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されています。
呉駅前バス停、広島バスセンターからのバスの時刻表は、さんようバス時刻表(外部サイト)をご覧ください。中国労災病院バス停(JR新広駅・呉市広市民センター付近)からのバスの時刻表は、瀬戸内産交時刻表(外部サイト・PDF)をご覧ください。

豊地区のお知らせとおすすめ観光情報

  • 安芸灘とびしま海道オレンジライド2014
    安芸灘とびしま海道オレンジライド2014が11月16日(日)9時スタートで開催されました。 1100名を超える参加者がとびしま90(88.2km)、オレンジ50(53.3km)、あきなだ30(30.5km)のコースで順次出発。元プロロードレーサーの三船雅彦さんと安田大サーカスの団長もゲストとして参戦しました。 スタート地点の呉市蒲刈町県民の浜を出発した時は、曇り空でありましたが、走行し始めると好天に恵まれ、エイドステーションにては、呉焼や呉細うどん、みかんやレモンなど地元産品が振る舞われました。 参加者は、潮風を浴び、黄金色に色づいたみかん畑を眺めながら爽快に走行していました。ゴールでは、呉の海軍カレーに舌鼓。 海も空も大地も、安芸灘とびしま海道を満喫してもらえた一日となりました。
  • 第2回瀬戸内安芸灘とびしま海道ウオーキング大会
    5月11日(土)第2回瀬戸内安芸灘とびしま海道ウオーキング大会が開催されました。 1000名を超える参加者が、Aコース(30km)今治市関前岡村、Bコース(25km)呉市豊町御手洗のゴールを目指し、朝9時にスタート地点となる呉市下蒲刈町の大津泊公園を出発しました。 朝から濃霧が発生し生憎のお天気となりましたが、午後からは晴れ間も見え、涼しくて歩くにはちょうど良い気温だったようです。 ゴール地点では、地産品の購入、休憩や観光などを楽しんで頂き、笑顔あふれるウオーキング大会となりました。 参加者の皆さまお疲れ様でした!

食事

    該当記事がありません

宿泊

    該当記事がありません

お土産

    該当記事がありません

鑑賞

    該当記事がありません

アウトドア

    該当記事がありません

体験

    該当記事がありません