呉市の南東約5キロの瀬戸内海に浮かぶ大小9つの島で構成される風光明媚な町で、県民の浜を中心としたリゾートアイランドとして注目をあびています。安芸灘大橋・蒲刈大橋と2つの橋を渡り、呉駅からの所要時間は約40分です。
呉駅前バス停、広島バスセンターからのバスの時刻表は、さんようバス時刻表(外部サイト)をご覧ください。中国労災病院バス停(JR新広駅・呉市広市民センター付近)からのバスの時刻表は、瀬戸内産交時刻表(外部サイト・PDF)をご覧ください。

蒲刈地区のお知らせとおすすめ観光情報

  • 夕日が美しい島々の南岸
    10月下旬17時過ぎ、上蒲刈島採石場付近から見た夕日です。 これから冬至に向け、太陽はより南に移動していきます。ということは、陸地から離れ、遠くの島々の向こうに沈むことになるのです。 大崎下島や豊島からは、場所によっては島と島の間に、九州方面に落ちてゆく太陽が見られるかもしれません。場所、気候、時間など、条件が整うことが必要ですが、そんなにレアなことでもありません。夕日が映える安芸灘南岸、機会があれば是非おこしください。
  • 海の中に道ができた!
    2022年5月中旬大潮の日の夕方、潮位はマイナス、普段見慣れない光景を目の当たりにしました。 豊島大橋からの眺めです。南を見れば、豊島町「二窓島」、普段は二つの島ですが、砂浜で繋がっていました(写真1)。 北側には、上蒲刈島大浦沖に散らばる無人島の島々、全体的には写真2。写真3の飛び出した岬は「三崎」で、すぐ上に見える岩礁は「千才(せんざい)」。 その奥に連なる2島は「荷島(にないしま)」。東の島に小さな灯台があり、伊勢二見浦の夫婦岩にならい、しめ縄が張られています。ごらんのように、条件が整うと完全に陸続きになる、蒲刈の『モンサンミッシェル』です。ここには写っていませんが、陸上には海に突き出た石の鳥居が、最近一部で注目されている「日髙神社」があります。 写真4は少し大きな2島、東(右)が「笹島」、西が「沖ノ島」。二窓島のよう繋がって一つの島に見えます。 写真5、6は、後日豊島大橋の東から写したもの。潮が満ち、夫々の島々が独立して海に浮かぶ様子が見えます。望遠を使うと、「荷島」のしめ縄もかすかに見ることができました。島におでかけの時には、「潮見表」「潮汐表」を見て、干潮・満潮、その規模を確かめられると、意外な光景を楽しむことができますよ。
  • まるで動く船の図鑑だ
    瀬戸内海海上交通の、要衝であり難所でもある来島海峡を間近に控え、大崎下島、豊島、上蒲刈島の南岸沖には、昼夜を問わず様々な船が行き来します。2022年3月29日13時前、豊島・斎島間の海をゆっくり西に進む、装備満載の船がありました。国の「海洋研究開発機構(JAMSTEC)」に所属する海洋地球研究船「みらい」です。 長期間の航行が可能で、ミッションは、熱帯から極地まで地球上のあらゆる場所に出向いての調査。夕方には神田造船にその姿を見せていて、整備を終え試運転しているものと思われます。数奇な経歴をたどった船で、元原子力船「むつ」。船体を切断して原子炉を取り出し、改造されて復帰しました。同日夕方、県民の浜はるか沖、四国に近い位置を航行する白い船は、日中国際フェリーの「新鍳真号(しんがんじんごう)」。神戸・大阪と中国上海を結ぶ定期貨客船(現在は貨物だけ扱い)。大阪を出て中国に向かっていました。 次にやってきた巨大な船影は、日藤海運に所属する、車両運搬のRORO船(ローローせん)「日清丸」。豊浜沖の二窓島にすっぽり収まるサイズです。 この海域は、様々な船が昼夜の別なく行き来して、一日中ながめていても飽きることはありません。船好きにはこたえられない場所です。

食事

  • ナチュラルベーカリー こはる舎
    蒲刈消防署の隣りにある、手作りパン屋さん。売り切れご注意! 住所 広島県呉市蒲刈町向369−1 電話番号 0823-68-0780 ホームページ ー 営業時間 10:00〜17:00(売切れ時閉店) 定休日 火・水・木
  • 県民の浜
    海水浴をはじめいろいろなマリンスポーツが楽しめ、テニスコートや多目的グランドも整備された一大健康保養地・県民の浜。「日本の渚・百選」に選ばれたロマンビーチ県民の浜・恋ヶ浜に、宿泊施設『輝きの館』、天文台、体育館、プール、テニスコート、温泉施設『やすらぎの館』などたくさんの施設があります。 ●住所 広島県呉市蒲刈町大浦7605 ●電話番号 0823-66-1177 ●ホームページ http://kennhama.net/ ●営業時間 ●定休日
  • 花美月
    安芸灘の水平線を一望しながら、蒲刈産の新鮮野菜や地ダコを使ったおふくろの味を堪能できる「花美月」。食後のコーヒーを頂きながら眺める景色は贅沢そのものです! 住所 呉市蒲刈町大浦2868番地の2 電話番号 0823-66-0358 営業時間 午前7時~午後4時(モーニング午前10時まで、ランチ午前11時から) 定休日 不定休
  • 漁師料理 かつら亭 蒲刈本店
    瀬戸内の地魚を使った漁師料理が堪能できるお店です。タコや地魚の刺身、タイの釜飯など瀬戸内の魅力が詰まった御膳が充実。瀬戸の海に浮かぶ島々を漁船が進む風景を眺めながら、滋味あふれる料理を是非ご堪能下さい。 住所 呉市蒲刈町宮盛2032-1 電話番号 0823-66-0114 ホームページ http://www.katuratei.com/ 営業時間 【昼】11:00〜L.O. 14:00 【夜】17:00〜L.O. 21:00 定休日 火曜日
  • うどんの原
    とびしま海道の心のオアシス的存在の屋台風うどん屋さん。オリジナルブレンドの秘伝の出汁は、どこか懐かしくほっとする味です。 住所 広島県呉市蒲刈原 電話番号 なし 営業時間 11時〜15時 定休日 雨天時
  • 恵みの丘レストラン
    瀬戸内海を見下ろし遠く四国まで一望できる丘にある立地は圧巻。地元蒲刈を愛して止まない2代目店主が提供する、旬の食材にこだわった「日替わり定食」1,050円は、ボリューム、品数多でリピータ-が続出です 住所 呉市蒲刈町大浦(県民の浜内) 電話番号 0823-70-7010 ホームページ https://www.facebook.com/恵みの丘レストラン-蒲刈食品工業-221741174827864/ 営業時間 11時〜14時 定休日 火曜日
  • 食堂とっくん
    地元に愛されているローカル食堂とっくん!人気の「とんかつ定食」は安くて美味くてボリューム満点 住所 呉市蒲刈町向1344 電話番号 0823-68-0744 営業時間 月・水・木・金11:50〜15:00 火・土11:50~20:00 定休日 年始
  • レストランあび
    県民の浜、輝きの館内にある海を見渡せるレストラン。新鮮な魚を使った「県浜定食」「刺身定食」や「あび定食」が人気メニューで、お手頃価格の「日替わり定食」は地元のみなさんに愛されています 住所 呉市蒲刈町大浦字沖浦7605(県民の浜輝きの館内) 電話番号 823-66-1177 ホームページ http://kennhama.net/ 営業時間 11時〜14時 定休日 火曜日

宿泊

  • 県民の浜
    海水浴をはじめいろいろなマリンスポーツが楽しめ、テニスコートや多目的グランドも整備された一大健康保養地・県民の浜。「日本の渚・百選」に選ばれたロマンビーチ県民の浜・恋ヶ浜に、宿泊施設『輝きの館』、天文台、体育館、プール、テニスコート、温泉施設『やすらぎの館』などたくさんの施設があります。 ●住所 広島県呉市蒲刈町大浦7605 ●電話番号 0823-66-1177 ●ホームページ http://kennhama.net/ ●営業時間 ●定休日
  • 漁師民宿 かつら亭 蒲刈本店
    名物の地魚を使った「海鮮料理」でお出迎え!「海水風呂かつら湯」も備えた、お土産コーナーもある料理・風呂とも自慢の宿です。収容人数45名、客室数: 和室11 ツイン2 ダブル2 宴会は70名まで可能です。 住所 呉市蒲刈町宮盛2032-1 電話番号 0823-66-0114 ホームページ http://www.katuratei.com/ 営業時間 時チェックイン15時 チェックアウト10時
  • とみ屋
    潮流が間近に見える展望風呂と海鮮料理が自慢の宿。のんびり流れる島時間を堪能した後、名物女将との会話は最高の思い出になること間違いなし。 住所 呉市蒲刈町大浦41 電話番号 0823-66-0416 営業時間 チェックイン16時 チェックアウト10時
  • 輝きの館
    県民の浜にある松・杉・桧などの木材を使った宿泊施設。和、洋室を含む全21室、100名収容可能で、レストランやお土産コーナー、イベントホールなどが併設。テニスコート・体育館などが隣接し、研修などの利用に便利。 住所 呉市蒲刈町大浦字沖浦7605 電話番号 0823-66-1177 ホームページ http://kennhama.net/ 営業時間 チェックイン15時 チェックアウト10時 定休日 1〜3月 火曜の10日 9月第2火曜 12月の第4火曜
  • 島宿あこう
    潮流が間近に見える展望風呂と海鮮料理が自慢の宿。のんびり流れる島時間を堪能した後、名物女将との会話は最高の思い出になること間違いなし。 住所 呉市蒲刈町向3251-14 電話番号 0823-68-0453 ホームページ http://www.travel.co.jp/stay/hotel/833641/ 営業時間 チェックイン16時 チェックアウト9時30分
  • コテージかまがり
    高台のロケーションで、瀬戸内の絶景を眺めながらゆったりとくつろげる自炊型の宿泊施設です。ご家族でのご利用や女子会など、様々な用途にお使いいただけます。誰にも邪魔されない空間をお楽しみください。 住所 呉市蒲刈町大浦(県民の浜内 電話番号 0823-66-1177 ホームページ http://kennhama.net/ 営業時間 チェックイン15時 チェックアウト10時

お土産

  • 県民の浜
    海水浴をはじめいろいろなマリンスポーツが楽しめ、テニスコートや多目的グランドも整備された一大健康保養地・県民の浜。「日本の渚・百選」に選ばれたロマンビーチ県民の浜・恋ヶ浜に、宿泊施設『輝きの館』、天文台、体育館、プール、テニスコート、温泉施設『やすらぎの館』などたくさんの施設があります。 ●住所 広島県呉市蒲刈町大浦7605 ●電話番号 0823-66-1177 ●ホームページ http://kennhama.net/ ●営業時間 ●定休日
  • 海人の館・海人の藻塩シリーズ
    藻塩とは、かつて玉藻と呼ばれていたホンダワラなどの海藻を使用してつくった塩のことで、辛さに尖ったところがなく、口あたりはたいへんまろやか。色は淡いベージュで海水と海藻だけの旨味が凝縮した「藻塩」の味わい。 住所 呉市蒲刈町大浦7407-1 蒲刈物産(株)海人の館 電話番号 0823-70-7021 ホームページ https://www.moshio.co.jp 営業時間 9:00〜17:00 定休日 日祝日 島獲れたて“こいわし”を天ぷらにして藻塩で食べる。鯛のお刺身を醤油ではなく藻塩で食べる。最高の食材を生かすのに最適な「海人の藻塩」
  • 恵みの丘ジャムシリーズ
    上蒲刈島の恵みの丘にあるお菓子工房で作られた手作りジャム。瀬戸内の温暖な気候と、ほどよい潮風によって旨みを増した果実から作られる「いちじく」「プラム」「ブルーベリー」の3種。蒲地元刈「恵みの丘おかし工房」の自信作。 住所 呉市蒲刈町大浦(県民の浜内) 電話番号 0823-70-7111 ホームページ https://www.city.kure.lg.jp/soshiki/38/3-14-megumi.html 営業時間 9:00〜17:00 定休日 火曜日 上蒲刈島の恵みの丘にあるお菓子工房で作られた手作りジャム。瀬戸内の温暖な気候と、ほどよい潮風によって旨みを増した果実から作られる「いちじく」「プラム」「ブルーベリー」の3種。蒲地元刈「恵みの丘おかし工房」の自信作。 島柑橘畑のあいまに見える「いちじくの木」。温暖な気候で1年で二度収穫でき、潮風にさらされて甘みを増したものだけをジャムにしています。 お買い求めは、県民の浜、恵みの丘おかし工房で
  • 一夜干し・蒲刈漁協青年部
    蒲刈漁協青年部が自信を持ってお届けする一夜干し。瀬戸内の豊かな海でとれる「アジ」「アイナメ」「鯛」「太刀魚」など季節に応じて獲れる魚を一匹一匹丁寧に一夜干しにしています。※季節によって種が異なり品切れの場合もあります。 島の食材といえば「魚」だが、鮮度の関係で島内でなかなか手に入りにくいのが実情。そんな中冷蔵保存で日持ちが可能な「一夜干し」は嬉しいお土産。 お買い求めは、出会いの館、潮騒の館で。

鑑賞

  • 夕日が美しい島々の南岸
    10月下旬17時過ぎ、上蒲刈島採石場付近から見た夕日です。 これから冬至に向け、太陽はより南に移動していきます。ということは、陸地から離れ、遠くの島々の向こうに沈むことになるのです。 大崎下島や豊島からは、場所によっては島と島の間に、九州方面に落ちてゆく太陽が見られるかもしれません。場所、気候、時間など、条件が整うことが必要ですが、そんなにレアなことでもありません。夕日が映える安芸灘南岸、機会があれば是非おこしください。
  • 海の中に道ができた!
    2022年5月中旬大潮の日の夕方、潮位はマイナス、普段見慣れない光景を目の当たりにしました。 豊島大橋からの眺めです。南を見れば、豊島町「二窓島」、普段は二つの島ですが、砂浜で繋がっていました(写真1)。 北側には、上蒲刈島大浦沖に散らばる無人島の島々、全体的には写真2。写真3の飛び出した岬は「三崎」で、すぐ上に見える岩礁は「千才(せんざい)」。 その奥に連なる2島は「荷島(にないしま)」。東の島に小さな灯台があり、伊勢二見浦の夫婦岩にならい、しめ縄が張られています。ごらんのように、条件が整うと完全に陸続きになる、蒲刈の『モンサンミッシェル』です。ここには写っていませんが、陸上には海に突き出た石の鳥居が、最近一部で注目されている「日髙神社」があります。 写真4は少し大きな2島、東(右)が「笹島」、西が「沖ノ島」。二窓島のよう繋がって一つの島に見えます。 写真5、6は、後日豊島大橋の東から写したもの。潮が満ち、夫々の島々が独立して海に浮かぶ様子が見えます。望遠を使うと、「荷島」のしめ縄もかすかに見ることができました。島におでかけの時には、「潮見表」「潮汐表」を見て、干潮・満潮、その規模を確かめられると、意外な光景を楽しむことができますよ。
  • まるで動く船の図鑑だ
    瀬戸内海海上交通の、要衝であり難所でもある来島海峡を間近に控え、大崎下島、豊島、上蒲刈島の南岸沖には、昼夜を問わず様々な船が行き来します。2022年3月29日13時前、豊島・斎島間の海をゆっくり西に進む、装備満載の船がありました。国の「海洋研究開発機構(JAMSTEC)」に所属する海洋地球研究船「みらい」です。 長期間の航行が可能で、ミッションは、熱帯から極地まで地球上のあらゆる場所に出向いての調査。夕方には神田造船にその姿を見せていて、整備を終え試運転しているものと思われます。数奇な経歴をたどった船で、元原子力船「むつ」。船体を切断して原子炉を取り出し、改造されて復帰しました。同日夕方、県民の浜はるか沖、四国に近い位置を航行する白い船は、日中国際フェリーの「新鍳真号(しんがんじんごう)」。神戸・大阪と中国上海を結ぶ定期貨客船(現在は貨物だけ扱い)。大阪を出て中国に向かっていました。 次にやってきた巨大な船影は、日藤海運に所属する、車両運搬のRORO船(ローローせん)「日清丸」。豊浜沖の二窓島にすっぽり収まるサイズです。 この海域は、様々な船が昼夜の別なく行き来して、一日中ながめていても飽きることはありません。船好きにはこたえられない場所です。
  • かまがり古代製塩遺跡復元展示館
    かまがり古代製塩遺跡復元展示館は、古代土器製塩遺跡を発掘したままの状態で見学できるように復元した展示館。敷石炉で、炉の大きさは110cm×180cm、中には20cm前後で厚さ5cmくらいの角の丸い平石が敷かれていたと考えられています。石はところどころに残っており、赤く焼け、表面が薄利した跡があります。石の周辺からは5世紀の製塩土器の須恵器、土師器なども出土しました。 呉市蒲刈町大浦(県民の浜内) 電話:0823-66-1040 10時〜16時 定休日:月曜日・火曜日

アウトドア

  • 夕日が美しい島々の南岸
    10月下旬17時過ぎ、上蒲刈島採石場付近から見た夕日です。 これから冬至に向け、太陽はより南に移動していきます。ということは、陸地から離れ、遠くの島々の向こうに沈むことになるのです。 大崎下島や豊島からは、場所によっては島と島の間に、九州方面に落ちてゆく太陽が見られるかもしれません。場所、気候、時間など、条件が整うことが必要ですが、そんなにレアなことでもありません。夕日が映える安芸灘南岸、機会があれば是非おこしください。
  • 海の中に道ができた!
    2022年5月中旬大潮の日の夕方、潮位はマイナス、普段見慣れない光景を目の当たりにしました。 豊島大橋からの眺めです。南を見れば、豊島町「二窓島」、普段は二つの島ですが、砂浜で繋がっていました(写真1)。 北側には、上蒲刈島大浦沖に散らばる無人島の島々、全体的には写真2。写真3の飛び出した岬は「三崎」で、すぐ上に見える岩礁は「千才(せんざい)」。 その奥に連なる2島は「荷島(にないしま)」。東の島に小さな灯台があり、伊勢二見浦の夫婦岩にならい、しめ縄が張られています。ごらんのように、条件が整うと完全に陸続きになる、蒲刈の『モンサンミッシェル』です。ここには写っていませんが、陸上には海に突き出た石の鳥居が、最近一部で注目されている「日髙神社」があります。 写真4は少し大きな2島、東(右)が「笹島」、西が「沖ノ島」。二窓島のよう繋がって一つの島に見えます。 写真5、6は、後日豊島大橋の東から写したもの。潮が満ち、夫々の島々が独立して海に浮かぶ様子が見えます。望遠を使うと、「荷島」のしめ縄もかすかに見ることができました。島におでかけの時には、「潮見表」「潮汐表」を見て、干潮・満潮、その規模を確かめられると、意外な光景を楽しむことができますよ。
  • 県民の浜
    海水浴をはじめいろいろなマリンスポーツが楽しめ、テニスコートや多目的グランドも整備された一大健康保養地・県民の浜。「日本の渚・百選」に選ばれたロマンビーチ県民の浜・恋ヶ浜に、宿泊施設『輝きの館』、天文台、体育館、プール、テニスコート、温泉施設『やすらぎの館』などたくさんの施設があります。 ●住所 広島県呉市蒲刈町大浦7605 ●電話番号 0823-66-1177 ●ホームページ http://kennhama.net/ ●営業時間 ●定休日
  • 恋ヶ浜キャンプ場
    海とすぐ側の黒松林に囲まれた自然がいっぱいのキャンプ場。炊飯棟・トイレ・温泉シャワー、駐車場も完備で目前は海・砂浜!投げ釣り・バーベキューなど夏には最高のレジャースポットです。 住所 呉市蒲刈町大浦 電話番号 0823-66-0301(大浦区事務所) 営業時間 7月上旬〜8月下旬のみ営業
  • 呉市蒲刈B&G海洋センター(カヌー・SUP・カッター・プール)
    自然豊かで穏やかな海でカヌーやSUP等の自然体験 。漕ぎ方、転覆の際の対処法を指導員に教わることができる。小さい子供は親もしくは指導員と同乗で可能。要予約(3日前まで)プールは夏期のみの営業。 住所 呉市蒲刈町大浦8160 電話番号 0823-66-1166 ホームページ http://kama-bg.net/ 営業時間 9時〜21時(予約が無い場合17時30分) 定休日 火曜日・年末年始

体験

  • 夕日が美しい島々の南岸
    10月下旬17時過ぎ、上蒲刈島採石場付近から見た夕日です。 これから冬至に向け、太陽はより南に移動していきます。ということは、陸地から離れ、遠くの島々の向こうに沈むことになるのです。 大崎下島や豊島からは、場所によっては島と島の間に、九州方面に落ちてゆく太陽が見られるかもしれません。場所、気候、時間など、条件が整うことが必要ですが、そんなにレアなことでもありません。夕日が映える安芸灘南岸、機会があれば是非おこしください。
  • 県民の浜
    海水浴をはじめいろいろなマリンスポーツが楽しめ、テニスコートや多目的グランドも整備された一大健康保養地・県民の浜。「日本の渚・百選」に選ばれたロマンビーチ県民の浜・恋ヶ浜に、宿泊施設『輝きの館』、天文台、体育館、プール、テニスコート、温泉施設『やすらぎの館』などたくさんの施設があります。 ●住所 広島県呉市蒲刈町大浦7605 ●電話番号 0823-66-1177 ●ホームページ http://kennhama.net/ ●営業時間 ●定休日
  • かまがり古代土器製塩体験施設
    県民の浜では、古代製塩土器を使った藻塩作りが体験できます。土器を使った古代の塩「藻塩」はミネラルを多く含み、味はまろやか。味の良さが評判で、全国の料亭や寿司屋などでも愛用されています。 手間ひまかけてつくる感動と、天然の味、そして古代のロマンをぜひ肌で感じてみてください。 ホームページ http://www.moshionokai.jp/ 電話080-6304-0197(藻塩の会:松浦さん) 10時〜16時 定休日:火曜日
  • 蒲刈産完熟いちご狩り
    瀬戸内海の太陽の恵みを全身に受けた、真っ赤な完熟いちごはいかがですか。糖度が高くて香りが良いのが特徴です。低農薬・水耕栽培で作った安心安全ないちごは格別の味ですよ!※要予約/予約は希望日の属する月の前月1日から受け付けます◎期間:1月7日〜5月13日の水曜日・土曜日・日曜日◎時間:1月〜2月・10時〜11時〜13時〜(土曜日・日曜日のみ)/3月〜5月・10時〜11時〜◎体験時間:40分(持ち帰りはできません)◎体験料金:中学生以上1,500円、小学生1,200円、3歳〜未就学児800円 恵みの丘蒲刈  電話0823-70-7111 呉市蒲刈町大浦前沖浦 定休日:火曜日
  • ハーブ工房・恵みの丘蒲刈
    平成8年のまちおこし事業で13名が始めて、平成12年に恵みの館ができてから、本格的に施設内のハーブ園で作った材料でクラフト体験を始めました。ハーブを利用した小物づくり,クラフトづくり,染色体験などを楽しめます。その他、団子餅・いちご大福も作っています。 蒲刈ハーブの会 電話0823-70-7076 呉市蒲刈町大浦(県民の浜内) 定休日:火曜日・木曜日
  • 観光漁船・蒲刈町漁業協同組合
    釣りあり・網あり・たこ壺ありで、海を最大限に活用して楽しませます。普段食べたこともないような豪華な漁師料理でリピーターになることうけあいです。要予約。(土日祝に実施の場合は1ヶ月前、平日に実施の場合は1週間前) 蒲刈町漁業協同組合 電話0823-66-0082 呉市蒲刈町宮盛1-2 7時〜14時30分(4〜5時間程度・漁の種類により変動) 要事前予約
  • 観光イカ漁・蒲刈漁協青年部
    漁体験で海を楽しむために豊富なメニューが用意されています。イキのいい漁協青年部が頑張ってお手伝いしますので、穏やかで豊かな瀬戸内海を心ゆくまで味わうことができます。(要予約2週間前) 蒲刈漁協青年部 電話0823-66-1137 呉市蒲刈町宮盛1320-15 10時〜13時
  • 恵みの丘蒲刈
    いちご狩りやみかん狩り、そして、いろいろな農業が体験できる体験学習施設です。瀬戸内の恵みをたっぷり満喫することができます。 ホームページ http://kamaten.net/ 呉市蒲刈町大浦(県民の浜内) 電話:0823-70-7111 18時30分〜17時15分 定休日:火曜日
  • かまがり天体観測館
    国内最大級のマクストフ望遠鏡が設置してある天体観測館では、街の灯りにじゃまされることなく、心ゆくまで星の世界を旅することができます。月、惑星、星雲、星団など宇宙の神秘とロマンを満喫してみませんか。 ホームページ http://kamaten.net/ 広島県呉市蒲刈町大浦(県民の浜内) 電話0823-66-1166(蒲刈B&G海洋センター) 19時30分〜21時(要予約) 定休日:月曜日・火曜日
  • かまがり温泉「やすらぎの館」
    地下500mから湧き出る天然ラドン温泉。サウナや薬湯をはじめ、うたせ湯やジェットバス、低周波を使った全身浴など、趣向を凝らしたさまざまなお風呂を楽しむことができます。また、温泉につかりながら目前に広がる安芸灘の眺めも自慢です。 ホームページ http://kennhama.net/spa.html 広島県呉市蒲刈町大浦(県民の浜内) 電話0823-66-1126 11時〜20時(最終受付19時) 定休::火曜日

———