豊浜・ひじき干しは早春の風物詩

 豊島産ひじきの収穫が解禁になりました。

収穫された生ひじきは、漁師さんの手でそのままをすぐに天日乾燥された後に、各地に出荷され加工されます。
 豊浜漁協でも乾燥ひじきを鉄製の釜で茹でた後に、再度乾燥させて「豊島ひじき」として販売します。
鉄分豊富で、黒々とした色合いの絶品に仕上がるのは、鉄釜のおかげなのです。
 3~5月初め頃、豊浜町海岸沿いの各地では、ひじきを干す様子が見られます。
写真は小野浦・豊島漁港、大浜・大浜海浜公園、山崎・豊島漁港山崎地区の様子です。