御手洗町並み保存地区

江戸時代、風待ち潮待ちの港町として栄えた御手洗は、平成6年重要伝統的建造物群保存地区として国から選定されました。更に平成30年5月には「茶屋・若胡子屋跡」「住吉神社」「恵美須神社」「千砂子波止と高燈籠」が北前船寄港地・船主集落として日本遺産の構成文化財として追加認定されました。17世紀の中頃から昭和初期に至るまで、瀬戸内海交通の中継港として発展し、その痕跡を今も留めています。 ここでは地元の観光ガイドが、歴史や文化について分かりやすく案内をしてくれます。

住所呉市豊町大長御手洗
電話番号0823-67-2278(豊町観光協会)
ホームページhttp://www.yutaka-kanko.jp/
営業時間
定休日