御手洗天満宮

御手洗の三大神社のひとつである天満宮。宝暦5年(1755)に天神社として創建され、明治4年(1871)に広島藩士、船越寿左衛門の寄進により新社殿が造営されました。現在の社殿は、大正6年(1917)に町民の寄進により再建されたものです。社内には、御手洗の地名に由来する菅公の井戸や菅公の歌碑、明治の自転車世界一周冒険旅行者「中村春吉」の記念碑、本殿下をくぐると願いが叶うという可能門があります。春には桜が境内に美しく咲きます。

住所呉市豊町御手洗141
電話番号
ホームページ
営業時間
定休日