関前地区より御手洗地区を望む | とびしま海道〜海・島・橋〜観光情報 豊町大長地区の宇津神社櫓祭り | とびしま海道〜海・島・橋〜観光情報 夕日に映える安芸灘大橋 | とびしま海道〜海・島・橋〜観光情報 歴史の見える丘公園より関前を望む | とびしま海道〜海・島・橋〜観光情報 美しい砂浜が広がる県民の浜で海水浴を楽しむ | とびしま海道〜海・島・橋〜観光情報

御手洗七卿落遺跡

御手洗七卿落遺跡

幕末の動乱期、1863(文久3)年8月18日に公武合体派によるクーデターが起き、京都を追われた討幕派の公卿のうち、三条実美など七卿が長州に落ち延びました(いわゆる「七卿落ち」)。翌年、長州藩が勢力奪還を期したものの蛤御門で敗北し、上京を夢見た五卿(三条実美、三条西李和、四条隆謌、壬生基修、東久世通禧)はやむを得ず引き返しました。その途中、7月22~24日に御手洗に立ち寄りこの竹原屋を宿としました。1940(昭和15)年に広島県史跡に指定されています。

住所:広島県呉市豊町御手洗

投稿日:2012年3月5日
宿泊 食事 お土産 遊び
とびしまブログ
とびしま観光リンク

総アクセス数:1707376

本日:1633

昨日:1954

閲覧中:2