関前地区より御手洗地区を望む | とびしま海道〜海・島・橋〜観光情報 豊町大長地区の宇津神社櫓祭り | とびしま海道〜海・島・橋〜観光情報 夕日に映える安芸灘大橋 | とびしま海道〜海・島・橋〜観光情報 歴史の見える丘公園より関前を望む | とびしま海道〜海・島・橋〜観光情報 美しい砂浜が広がる県民の浜で海水浴を楽しむ | とびしま海道〜海・島・橋〜観光情報

御手洗天満宮

天満宮鳥居

御手洗の三大神社のひとつである天満宮。宝暦5年(1755)に天神社として創建され、明治4年(1871)に広島藩士、船越寿左衛門の寄進により新社殿が造営されました。現在の社殿は、大正6年(1917)に町民の寄進により再建されたものです。社内には、御手洗の地名に由来する菅公の井戸や菅公の歌碑、中村春吉の記念碑、本殿下をくぐると願いが叶うという可能門があります。春には桜が境内に美しく咲きます。

住所:広島県呉市御手洗141番地

投稿日:2016年5月23日 最終更新日:2021年8月2日
宿泊 食事 お土産 遊び(鑑賞) 遊び(アウトドア) 遊び(体験)
とびしまブログ
とびしま観光リンク

総アクセス数:3097144

本日:496

昨日:298

閲覧中:0